会津大学合格体験記書きました!

有ると便利!!免許合宿で持っていきたい物!

合宿持ち物

みなさん、こんにちは!にじます(@aizucollege)です。

突然ですが、大学生になって1番取りたい資格はなんだと思いますか?

そう、普通自動車免許です。

高校3年生の3学期が時間が空いてた人なんかは、パパッと近くの自動車学校に通って免許を取得したという人もいると思いますが、大抵の人は大学生の内に免許を取得することでしょう。

大学生の内は時間があれば、近くの自動車学校に大学に通いながら通えると思いますが、大学と自動車学校を並行しながら通っている人を見ると結構大変そうです。

僕は、自動車学校への免許合宿をおすすめします!」

と言いたい所なんですが、「長期のお泊まりは初めて」や「荷物はどのくらい?」「食事はどうなるの?」といった不安要素がたくさんあると思います。

そこで今回は、僕が実際に行った、免許合宿のまとめも兼ねて、免許合宿のアドバイスもしていきたいと思います!

免許合宿地

僕が行ったのは、久慈自動車学校です。

自動車学校の概形

場所は、岩手県久慈市にあります。

岩手県の地図

海に車で10分くらいで行ける場所にあり、NHKのドラマ「あまちゃん」のロケ地でもあります。

教室はよくある学校と同じような作りです。ここで毎回50分の授業を受けます。

教室

 

実習は実際の車を運転するのはもちろん、運転シミュレーションや人が事故にあった時の応急措置などがあります。

ちなみに、下の左上の写真の装置は1つ1000万円ぐらいするそうです笑(確かにとてもリアルでした。)

実習備品

宿舎が2018年度から自車校の目の前にオープンしたので綺麗です。(下で説明しています。)

メリット

①値段が圧倒的に安い。

時期にもよりますが、僕が行っていた時期はMT車で232,200円です。AT車なら216,000円です。値段を調べた人なら分かると思いますが、これは結構安い値段です。

しかも以下の特典が付いてきます。

 1.朝、昼、夕全ての食事付き。

 2.交通費3万円まで支給。

 3.グル割がある。

  (3名以上5千円、6名以上6千円、10名以上7千円キャッシュバック)

 4.AT車の人が終わっても、MT車の人を待つことできる。

②自然に囲まれていて、自車校の勉強に集中できる。

交通量もそんなに多くないので、運転にも集中できます。山も近いので、山での運転も練習できます。

③ご飯がうめぇ。

合宿中に1度外食をするのですが、そこでの海鮮丼はめちゃうまいです。僕は、時期的に自車校の目の前に泊まってなく、違う所にある宿舎に泊まったですが、全てが美味しいです。

参考になってしまいますが、僕が行った時に出てきた朝食、昼食、夕食です。

④指導員はみんな優しい。

他の自車校は分かりませんが久慈自動車学校では、毎回教習(運転練習)の指導員が違います。どの人も本当に優しく教えてくれる(まじで)ので安心して練習できます。

デメリット

①周りに何もない。

コンビニ(ミニストップ)はお昼にバスで送ってくれるので問題ないですが、「授業終わりにどこか行こう!」みたいのは出来ないですね。

僕は自車校に夜7時半くらいまで居て結構疲れるので特にそこへの不満はありませんでした。(有ったら行ってたかも…)

荷物

僕が合宿に持っていたものを書いていきたいと思います!

  1. バック2個(荷物入れと移動用)
  2. パジャマ1着
  3. パジャマ用下着2着
  4. 下着(上下着+パンツ+靴下)3セット
  5. 洋服(シャツ3枚+トレーナー1枚+セーター1枚+アウター1枚+ズボン3枚)
  6. 延長コード
  7. 歯ブラシ+歯磨き粉
  8. 髭剃り
  9. シャンプー+リンス+ボディーソープ+洗顔
  10. マスク
  11. トランプ
  12. お金(約3万円)
  13. 筆記用具
  14. 住民票(マイナンバーなし)
  15. 保険証
  16. 学生証
  17. イヤホン
  18. 充電器(スマホ+PC)
  19. ハンコ(シャチハタではないもの)
  20. ハンガー5本
  21. 即乾タオル

移動用のバックA4サイズくらいの教科書セットを渡されるのでそれを収納できるのがいいと思います。

洋服は季節によって着るものが違ってきますが、大体上下で3〜4セットぐらい持っていけば十分だと思います。パジャマのセットも季節によって変えてください。

住民票は入校時に提出するので早めに準備をしておきましょう。

身分確認のために学生証保険証を持ってきます。おそらくどちらかを見せれば大丈夫だと思いますが、怪我をした場合などの念のために両方持っていきましょう。

ハンコも何かと使いますので必ず持っていきましょう。

トイレタリー(シャンプーや歯ブラシなどの総称)は備品されてないので、必ず持っていきましょう。ここで「小さい旅用のセットの奴で足りるのか」という疑問が湧いてくると思います。僕はシャンプーは足りてリンスボディーソープ洗顔ぎりぎりでした。なので、新しく旅用のを買うよりは、家にあるボトルのを持って行った方がいいと思います。

持って行った方がいいもの

次は僕が持って行った方がいいものを実際に持って行ったものも含めて紹介します!

1.延長コード

コンセントはどうしても少なくなってしまったり、遠くにあったりするので自分の家で使っているものでいいのでお勧めします。

2.髭剃りの充電器

電動髭剃りを持っていく人は案外最後までもってくれないのでおすすめします。

3.マスク

花粉症の方はもちろん、長期合宿では布団が合わなくて咳を拗らしたり風邪を引いたりする事があるのでおすすめします。

4.遊び道具

免許合宿はたくさんの空き時間があります。定番のトランプやUNOを持っていくのをおすすめします。ゲームをするのが好きな人は宿泊地にテレビがあるのでPS4などを持って行ってもいいと思います。とにかく、暇つぶしのものを。

5.ハンガー

備品でありますが、数が限られてくるので洗濯物を干す用に持って行った方がいいと思います。

6.綿棒

「2週間ぐらいだから大丈夫!」と思っていても実際結構気になってきます。ぜひ、持っていきましょう。

7.爪切り

これも綿棒と同じ理由です。実際に僕は友達から借りて使いました。ぜひ、持っていきましょう。

8.ドライヤー

宿舎に置いてないので持っていきましょう。

9.携帯Wi-Fi

宿舎に無料Wi-Fiがあるので普通に使う分には問題ないですが、通信速度が気になる方は持っていきましょう。

10.洗剤

宿舎に備品してないので、シャンプー同様、ボトルで持っていきましょう。荷物に余裕がある人は柔軟剤と漂白剤も。

11.即乾タオル

これは、便利です。通常お風呂に入る時フェイスタオルとバスタオルが必要になると思いますが、即乾タオルは絞ると水が取れて何回も使えるので一枚で両方の機能を担ってくれます。ただ、肌触りがゴムみたいな感じなので嫌な方は普通にバスタオルとフェイスタオルを持って行くか、速乾タオルである程度拭いて、バスタオルで残りを拭くみたいにすると、余計にタオルを持っていかずに済みます。

12.運動着+運動靴

これは荷物に余裕があればですが、やっぱり暇が時間が多いので運動したくなります笑

宿舎が自車校の目の前で、終わったら洗濯やシャワーを浴びられると思うので1セット持って行くのをおすすめします。



宿舎紹介

ここからは、2018年度からオープンするホテル リビエラ久慈について紹介します。

注意
基本的にホテルリビエラ久慈に宿泊しますが、混雑時には他の宿舎に泊まるようになります。あらかじめご了承ください。

宿舎画像

お部屋はシングルとダブルがあります。お風呂はユニットバスで洗面所とトイレが同じ空間にあります。

宿舎画像2

テレビも付いていてWIFIも繋がれているので学校が終わった後も快適に過ごせます。

宿舎の備品

備品も充実していて、共有スペースや洗濯機、喫煙所も室内の一角に設置されています。洗濯機を待っている時間に同じ時期に来た合宿生と交流するなんてもいいかもしれませんね。

ご飯は三食とも食堂で食べます。

宿舎の食堂

僕は違う宿だったので食べた事ないのですが、しっかりと栄養を考えた物を作ってくださるそうです!

まとめ

免許学校は普通の人ならそうそう行くところではありません。

行くときには、行って後悔しないようによく探してみてください!

ちなみに友達と行く事で本当にあっという間に時間は過ぎて「まだここにいたいな」という気持ちになります笑

この記事を参考にしてもらえたら幸いです。

ありがとうございました!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です