会津大学合格体験記書きました!

実際のコンピュータの授業を紹介!会津大学⑤

サイコロの5

みなさん、こんにちは!にじます(@aizucollege)です。

会津大学①でも紹介しましたが、

会津大学を作る時に専門性に特化した大学にしようとしました。

それでできた専門分野がコンピュータ理工学です。

じゃあ、コンピュータ理工学とは何か?

僕が入学する前は漠然と「コンピュータを使って何かの授業をやるんだな。」

ぐらいしか考えていませんでした。

なので、今回はこの「何かの授業」を詳しく紹介したいと思います!(1年次)

授業一覧

僕が1年次に受けた授業を出します。

プログラミング入門

 

プログラミングC

 

コンピュータリテラシー1

 

コンピュータリテラシー2

 

コンピュータシステム概論

 

コンピュータネットワーク概論

 

情報セキュリティ

 

情報倫理

 

コンピュータ理工学のすすめ

と以上9つがコンピュータ関連の授業でした。

他に物理の力学電磁気学では、コンピュータを

使って計算問題を解くというのもあります。

授業内容

ここからは個別に説明したいと思います。

プログラミング入門&プログラミングC

この授業ではプログラミング言語のC言語を使って授業を行います。

MEMO

C言語とは?

簡単に説明すると、

人間とコンピュータがやりとりをするために使われる言語です。

人間同士だと日本語英語を使いますよね。

その感覚で、コンピュータに人間はプログラミング言語を使用します。

基本的は最初に講義を聞き、その講義にそったコンピュータ演習をします。

演習の内容は毎年違いますが、

例えば

計算をコンピュータを使って導く。(数の合計や平均など)

入力した数などを一時保存してもう一回取り出す。

などがあります。

コンピュータリテラシー1&コンピュータリテラシー2

この授業では、与えられた大きな情報から必要な情報だけを取り出す能力(=リテラシー)を学びます。

正直、なんて説明すればいいのかわかりません笑

キーボードの使い方やログインの仕方から学術論文の作り方まで色々なことを

講義と演習でやります。

簡単に言えば、

「コンピュータを扱う上での知識」をつける授業です。

コンピュータシステム概論&コンピュータネットワーク概論

この授業は正直難しいです。

講義と演習があります。

使い方など、学ぶのではなくコンピュータの中の構造についてやります。

ですので、他の授業よりも聞きなれない単語がバンバンでてきます。

例を出したいのですが、どう表現したらいいのかわからないので割愛します。

情報セキュリティ&情報倫理&コンピュータ理工学のすすめ

これらの授業は大講義室という部屋で

コンピュータのセキュリティ倫理、実際にこんなことしているよというのを学びます。

ほぼ講義のみでたまに課題が出されます。

コンピュータ理工学のすすめでは色々な教授や外部の会社のひとなどが

講義をしてくれるので、ためになる話がたくさん出てきます。

まとめ

こんな感じです。

これを見て大半の人は難しそうと感じると思いますが頑張ってください。

入ると分かりますが、どの教科も1から教えてくれて

過去問対策できるので単位を取ること(50点以上)は難しくはありません。

ですが、プログラミングの課題は毎週出るのできついと思っていてください笑

ありがとうございました!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です