会津大学合格体験記書きました!

[会津大学]語学オンラインコースReallyenglishとはなんぞや?やりながら解説!

aizu-reallyenglish

みなさん、こんにちは!にじます(@fukucollege)です。

突然ですが、私の大学専用メールにこんなものが送られていました。

reallyenglishからのメール

Reallyenglish?

何も分からない状態ですが、無料で面白そうなので早速いじってみたいと思います!

Reallyenglishとは?

まず、Reallyenglishというものが何なのかを調べていきます。

Googleで検索。

しっかり1番に上に出てきました!

それを書いていきたい思います。

reallyenglishのロゴ

 

Reallyenglishとは会社の名前であり、「オンライン英語学習」を提供しています。もしかしたら、「e-learning」という言葉の方がイメージしやすいかもしれません。

MEMO

e-learningとは?

インターネットを利用した学習形態のこと。

好きな時間に勉強できたり、自分のペースで学習できたりと時間の制約やコストなどの問題が考慮された近年人気の学習形態。

最近はパソコンだけではなく、スマホタブレットでも本格的な学習ができる。

会社の名前の由来は“Really focus on delivering proper English”を略した造語で、
「生きた英語を、あなたに」という意味が込められているそうです。

会社のHPにReallyenglish 3つの特徴というのがあったのでそれを書いていきたいと思います。

(引用:Reallyenglish公式HP)

特徴1 結果にこだわるe-ラーニング

グローバル人材育成の目的・目標・対象者に合わせて、30種類以上のコースから受講生1人ひとりに合ったコースをカスタマイズ提案。
受講生に合わせて最適なレベルで学べるから、効率良く英語力を身に付けられます。
研修修了率88%TOEIC®スコア平均97点アップ受講者満足度92%を獲得。

特徴2 24時間、365日 1日5分からどこでも学習

多忙な現代人に合わせて作られたマルチデバイスeラーニング。
PC・スマートフォン・タブレットに対応しているから、いつ・どこで学習しても効率性を失いません。
すきま時間を積み上げて学習時間を確保し、学習頻度を増やすことで記憶を定着させ学習効果を高めます。

特徴3 学習を継続させる仕組み

動画・アニメーション・画像を駆使した楽しく学べるeラーニングと受講生専任のバイリンガルコーチが、研修修了までしっかり受講生をサポートします。
受講生専用サイトでは、コーチや他の受講生とSNSで交流したり、研修中の自分の順位(学習進捗度)を確認できたり、学習意欲を刺激する環境を整えています。
研修担当者向けの管理システムも無料でご利用できますので、研修全体の管理はもちろん、受講生1人ひとりのフォローが可能です。
※学校法人向けのサービスには、バイリンガルコーチは付属しません。

 

詳しくはまだやってないのでよくわかりませんが、充実した環境が整っていそうですね。

実際にも、トヨタ自動車、ANA(全日本空輸)、青山学院大学、立命館大学、関西大学、京都大学 など、900以上の企業・大学・語学学校がこのReallyenglishと連携して取り入れていれています。

今度は実際に登録してみていきたいと思います。

登録方法

送られてきたメールのURLからサイトに飛ぶと以下の様に出てきます。

利用規約を読んで「利用規約に同意します。」にチェックを入れて次へを押します。

reallyenglishの説明1

その次に、アカウントを確認するために自分の大学で使っているメールアドレスを入力します。(ここは必ずしも大学のメールアドレスじゃないといけないのかは、分かりませんが僕は大学のメールアドレスで通りました。)

reallyenglishの説明2

自分で決めたパスワードと氏名を日本語と英語で書きます。

reallyenglishの説明3

 

入力して「次へ」を押すと、コース情報が掲載されます。おそらく、これが会津大学で連携している学習プランです。

これが多いのかは分かりませんが、69ものレッスンがあるんですね。「コース修了条件に同意します。」にチェックを入れて次へいきます。

reallyenglishの説明4

すると、このようなページに飛びます。

reallyenglishの説明5

登録完了のメールも来たのでうまくできたようです!

reallyenglishの説明6

 

レッスン内容

それでは、せっかくなのでレッスン開始を押してみたいと思います!

「レッスンを開始」を押すとこんな感じで出て来ます。

reallyenglishの説明7

少し説明していきます!

フォーカス・・あなたへ現段階でおすすめの学習が3つ表示されます。

コース目標・・会津大学での学習プランをあとどのくらいで達成できるかを表示してくれます。

全てのアクティビティー・・全89レッスンが一覧として表示してくれます。

受講済み・・合格したレッスンが表示されます。

レッスンは以下の4つに分けられています。

reallyenglishの説明8

リスニング

聞いてその写真などに答える問題です。最初に単語の意味を覚える練習や間違った後に何と言っているかを教えてくれます。

reallyenglishの説明9

 

リーディング

基本的に文法について学びます。これも最初に単語の意味を学習します。

reallyenglishの説明10

 

テスト

テストはまだやったことがないですが、こんな感じにTOEICの模擬テストが出来ます。テスト時間も60分と本格的なテストができます。

reallyenglishの説明11

ビデオ

reallyenglishの説明12

 

問題などはないですが、パート前と後に何かアドバイスを話してくれます。短い動画ですが、丁寧に教えてくれます。

まとめ

いつから会津大学にこんな学習システムが導入されたか知りませんが、思っていたりすごくてびっくりしました。

おそらく、1年間という短い間にしかできないと思うのでせっかく無料で受けられるのでぜひ登録して使ってみてください(特に1年生!)。

僕も、なるべく継続して使っていけるようにかんばります。

ありがとうございました!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です