会津大学合格体験記書きました!

大学のGPAとは何か。(会津大学を用いて解説)

aizu-gpa-sam

こんにちは。にじます(@aizucollege)です。

今回は大学の成績判定基準のGPAについて紹介したいと思います。

GPAとは

GPAとはGrade Point Averageの略であり、大学の成績判定に用いられている数字です。

小中高校で言うところの評定平均と思っていただければいいと思います。

GPAはほとんどの大学で用いられている成績判定ですがその判定基準は大学毎に異なるので、このような情報もあります。

GPAは就職に関係ない?

GPAは大学毎に判定基準が違うので、企業側からすると生徒の良し悪しをGPAで判断するのは難しいからという理由だそうです。

しかし、近年は成績表の提出を求めてくる企業が増加しています。

外資系企業では特に成績は重要視されるそう。

客観的な判断は難しいですが、生徒がどれだけ頑張ったかを見るには判断材料になります。

会津大学ではGPAは重要

会津大学ではGPAは様々な場面で重要です。

GPAの計算方法

会津大学でのGPAの成績判定は以下のようになります。

GP(Grade Point) 判定 点数 評価
4.0 A 80点以上 合格
3.0 B 65点〜79点 合格
2.0 C 50点〜64点 合格
D 35点〜49点 不合格
F 0点〜35点 不合格

大学生ではない人は、判定を1,2,3,4,5と考えてもらっても大丈夫です。

不合格のDとFの評価についての違い

Dの判定担当教員により、全ての教科ではありませんが、生徒の願い出により再試験が行われる場合があり、再試験に受験して合格できればC判定(最高50点)になる場合があります。

私の経験上、再試験は願い出というよりは教授が最初の授業で再試験の有無を伝えることがほとんどです。

Fの判定再試験は受けれません。

ですが、DとFどちらの判定も次年度や次学期で再履修を受けれるのでその時に合格することができます。

算出方法

GPA = 4.0x Aの修得済単位数 + 3.0 x Bの修得済単位数 + 2.0 x Cの修得済単位数


総履修科目単位数 (※D、Fの「不合格」評価の単位数を含む。)

(参照:会津大学HP 試験及び成績評価)

ここで注意してほしいのは教科数ではなく単位数で計算するという事です。

高校などでは「数学2は判定4」みたいな感じで教科毎に評定を決めていましたが、大学では単位に変換して計算します。

例を出して説明します。

教科 GP(Grade Point) 判定 単位数
プログラミングC 4,0 A
力学 2,0 C
フーリエ解析 F
離散系論 3,0 B
コンピュータリテラシー D

4.0x 4 + 3.0 x 3 + 2.0 x 2/14=2.07

こんな感じに計算します。

ここでフーリエ解析とコンピュータリテラシーは不合格となってしまいましたが、再試験がある場合、フーリエ解析は受けられず、コンピュータリテラシーは受けられるということです。

GPAが重要な理由

1.研究室選択の幅が広がる

大学では、卒業論文を書くために研究室選びがあります。

自分のやりたい研究をするのが一番いいのですが、会津大学では1つの研究室につき4名しか入れません。

面接のみで生徒を選ぶ研究室もありますが、GPAを見て生徒を選ぶ研究室の方が多いです。

自分の研究したい分野を選ぶ為にはしっかりとGPAを取っておきましょう。

2.給付型の奨学金が申請できる

大学に進学すると、色々な奨学金のお知らせがあります。

他にも条件があると思いますが、「GPA〇〇以上」みたいな要件が給付型には多いのでこれもGPAが大事です。

会津大学HP 奨学金

3.表彰される

毎年各学年のGPAが高い上位3名が成績優秀者として表彰されます。

選ばれた生徒には賞状と図書カードがもらえます。

2017年度各学年の成績優秀者を表彰

4.オナーズプログラムに申請できる

会津大学では、通常6年かかる学士課程と修士課程を5年でとれるようにするオナーズプログラムというのがあります。

これもまたGPAの数字がとても関係してくるので、このプログラムに参加したいという人は1年生のうちから計画的に単位をとっておきましょう。

詳しくは下記の記事で書いていますのでそちらをご覧ください。

aizu-graduate-sam会津大学の大学院進学制度を解説

まとめ

GPA特に大学学内においてとても重要です。

学年が上がるにつれて判定Aを取ったとしても中々GPAが上がらないので1年生の内からしっかりと勉強する事が大事です。

オナーズプログラムや奨学金については「0.01足りなかった…」という話も聞いた事があるので、計画的な履修を考えましょう。

 

会津大学の資料取り寄せはこちらから。

会津大学の資料請求

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です